実践編:成功のポイントと厳禁ポイント

成功ポイント:成功の秘訣は肩の力を抜くこと

クレートトレーニングを失敗する最も大きな原因は、『オーナーさんがクレートを妙に意識してしまうこと』だと、私たちは考えます。

小型犬のオーナーさんは、キャリーバッグを購入したら、キャリーバッグに入る様教えますか?最近流行のカートに乗せる際、ワンさんがカートに乗る様に教えますか?この様なとき、ほとんどのオーナーさんは、キャリーやカートを購入したらすぐにワンさんを入れたり、カートに乗せてみると思います。

なのに、クレートとなると、妙な緊迫感が漂い、その緊張感や期待がワンさんへ伝わり、クレートを『異物』とみなしてしまうことが多いです。

まずは、オーナーさんがリラックスして、ずっと以前からあった物の様に、ワンさんへクレートを紹介することが最大の成功の秘訣です。

 

厳禁ポイント:絶対してはいけないこと

クレートトレーニングの目的が、『安心でき、快適な場所を提供すること』にある以上、クレートを恐れたり 嫌いにさせたりする可能性のあることは、基本的に全てNGです(仔犬から始めても、成犬から始めても、 同じです)。具体的には…

クレートを叩く、蹴る等

たとえ仔犬が、クレートの中で大暴れしたとしても、クレートを叩いたり、蹴ったり、クレート自体は叩かなくても、クレート付近の壁を叩いたりも逆効果です。

罰としてクレートを使用する

罰として入らなければいけない場所は、安心でき、快適な場所にはなりません。

長時間入れっぱなしにする

どれだけ快適なスペースでも、長時間入れっぱなしにするのは、絶対に避けて下さい。仔犬期の場合、内部でウンチをして長期間気づかなかった場合、かなりの確率で糞食等の悪癖が付くように思います。そして何よりも、『ずっと閉じ込められる場所』という関連付けがされてしまいます。

騙まし討ちをする

クレートの中にオヤツや食事を投げ入れ、取りに入ったり、食べに入ったところで急いで扉をしめてしまう、などはもっての他です。罠だと思われる場所に、快適さを感じる動物は普通はいません。犬自身が見ている前で、扉を閉めるべき時は閉めれば良いのです。