歯磨き初心犬、Mダックス「パン」の歯ブラシチャレンジ ~お気に入りの歯ブラシを探そう!

歯垢を取り除いて虫歯や歯周病を防ぐのに欠かせない歯磨き。そんな歯磨きにかかせないアイテム“歯ブラシ”をA&Y DOGGYの新入りスタッフ犬、ミニチュアダックスのやんちゃ坊主「パン」(歯磨き初心者)が使用した様子をレポートします!

前歯は磨かせてくれるけど奥歯磨きが苦手、歯ブラシを噛んでしまって全然磨けない!など悩みはそれぞれかと思いますが、A&Y DOGGY取り扱いの各歯ブラシの特長や使いやすさなど、生の声をお届けします。

 

歯ブラシのホントの本音~愛犬に合う歯ブラシを見つけよう!~

 

犬口ケア ティースブラシ

犬口ケア ティースブラシ

犬口ケア ティースブラシ

⇒購入はこちらから

使ってみた感想
ヘッド部分が小さいのが◎です!
そのため歯ブラシが届きにくい奥歯や歯の裏まで磨けますし、ココを磨きたい!という場所にピンポイントにブラシが届きます♪

また柄の上部に角度が付いていますので、2方向にセット可能です。(ブラシ部分は取り外し可能な仕様です。) 磨きたい部分に合わせて角度を変えて取り付けると、とっても磨きやすいかと思います。

スタッフ犬パンの場合は、磨きにくい奥歯の裏側を磨くときは外へ反る方向に曲げている方が磨きやすいと感じました。

ただ、まだ噛癖があるのでブラシ部分が早々に痛んでしまいました…

替えのブラシがついているので噛まれたって平気!と思っていましたがあまりにもカジガジ噛まれてしまうとヘッドの差し込み口が変形してしまって付け替えが難しくなるので、噛癖があるワンさんは噛まれすぎないように要注意です^ ^;

また大型のワンさんはブラシが小さいかもと思われるかもしれませんが、そんなことはなく小さいからこそ気になる細かい部分までしっかり磨けると思います。


 

シグワン 犬用360°歯ブラシ

シグワン 犬用360°歯ブラシ

シグワン 犬用360°歯ブラシ

⇒購入はこちらから

使ってみた感想
商品名からもわかるように、ヘッド部分にブラシが360°一周ぐるっとついています。
全方向にブラシがついているため、歯磨き中にじっとしていないやんちゃ坊主、おてんばな子でもブラシの方向を気にしなくて良いのでササッと磨けます。

使用前はブラシがぐるっとついているので、『奥歯の方には歯ブラシが届きにくいかも…』と思ったのですがそんなことはありませんでした。 意外とぐいぐい奥までブラシが届きます^^

さらに噛癖があるスタッフ犬パンのような場合でも、360°ブラシの形状上噛みにくいらしく、他の歯ブラシに比べ歯ブラシを動かしやすく、奥歯磨きにはもってこいでした! ただ使い込むとブラシ部分がリング状に取れてきてしまいますので、飲み込まないように注意してあげて下さい。

またブラシの毛は超極細ですので細かな隙間にも入り込みやすく、触ると他のブラシと違いが分かるほどやわらかいので、歯茎のマッサージにも良さそうです♪

ちょっとだけ気になるのは、歯ブラシの形状上前歯の裏側が若干磨き辛いかなと感じたことですが、噛癖のあるパンには一番合ったブラシだと思いました。

 

ペトサン デンタルケアブラシ

ペトサン デンタルケアブラシ

ペトサン デンタルケアブラシ

⇒購入はこちらから

使ってみた感想
このブラシはV字にカットされたダブルヘッドブラシで、歯の両側を包み込んで磨けるので、磨きにくかった奥歯の裏側のかゆいところに手が届くようなブラシです!

他のブラシだと歯の側面方向からブラシをあてて磨くことが多いかと思いますが、このブラシは歯の上下から磨く事が出来るのがポイントです^^
特に奥歯の側面を磨くときはワンさんの頬の皮をぐいっと引っ張って磨いたり、ワンさんの口を大きく「ア~ン」して磨く事が多くて磨きづらいと感じたこともあるパパさんママさんもいらっしゃるかと思いますが、そういった必要が少なくとっても便利で楽チンです♪

また両側を効率よく磨けるので歯磨きの時間短縮も期待できます。

ただこのブラシ、お口を「アーン」としてくれるワンさんにはぴったりのブラシかと思うのですが、「イー」としてしまうワンさんには特徴あるブラシの形状上ちょっと使いづらいブラシかもしれませんのでそういった場合は先にご紹介した犬口ケア ティースブラシやシグワン360°ブラシがオススメです。

 

 

ペトサン サイレントパワー デンタルケアブラシ

ペトサン サイレントパワー デンタルケアブラシ

ペトサン サイレントパワー デンタルケアブラシ

⇒購入はこちらから

使ってみた感想
ペトサンデンタルケアブラシのダブルヘッドはそのままの電動歯ブラシバージョンです。

電動歯ブラシ特有の気になる音に関してはとっても静かですし、ブラシの微動でブラシが届きにくい歯間の歯垢までしっかり落としてくれる気がします!さらに電動歯ブラシなので歯磨き時間の大幅短縮が期待できる!と思いきや…スタッフ犬パンは電動歯ブラシの振動が苦手なようで、スイッチを入れない時は他の歯ブラシ同様磨かせてくれるのですが、スイッチを入れたとたん口から歯ブラシを出してしまいました。。。

最初からスイッチを入れているとギュッと口を閉じて開けてくれず、どうも歯磨き若葉マークのパンは苦手なようです ^^;
ですので、遊ばせながら少~しずつ慣らしていこうと思います。

電動歯ブラシは歯磨き若葉マークのワンさんだと厳しいかもしれませんが、歯磨き上級者のワンさんは是非試して見てください^^

 

 

【各歯ブラシの比較】

犬口ケア
シグワン
ペトサン
ペトサン【電動】
ヘッド部分の大きさ
小 (1cm)
中 (1.5cm)
小~大 (1~1.5cm)
中~大 (1.3~1.5cm)
ブラシの堅さ
ふつう
やわらかい
ふつう
ふつう
歯周ポケットへのリーチ
★★★
★☆☆
★★☆
★★☆
ワンさんの歯磨きレベル
初心者向け
初心者向け
初心者向け
上級者向け
こんな時にオススメ
細かい部分磨きに
噛癖があるコに
奥歯・裏側磨きに
歯磨きの時間短縮に

 

 

【編集後記】

歯ブラシレポート全体を通して感じたことは「歯の箇所によって歯ブラシを使い分けると磨きやすくていいかも!」という事です。
スタッフ犬パンの場合は、モニター後からは奥歯はシグワン360°ブラシ、前歯と犬歯はペトサンデンタルケアブラシか犬口ケア、というように使い分けて歯磨きをしています。

これから歯磨きに挑戦するワンさんや歯ブラシとの相性がイマイチと感じるワンさんは、是非歯ブラシ選びの参考にして頂けますと幸いです。

そして愛犬にいつまでもおいしくごはんを食べてもらうためにも、それぞれのワンさんに合ったデンタルグッズを見つけて、しっかりとケアをして頂ける事を願っています!