8割がかかっている歯周病

歯周病は3歳以上の犬の8割がかかっているといわれ、犬の歯の病気の中で最も多く、デンタルケアをする理由はこの歯周病を防ぐためと言っても過言ではありません。

歯周病は口腔内の細菌が原因で歯肉に炎症を起こさせたり骨を溶かしてしまう病気で、歯垢(プラーク)と歯石が大きく関わっています。(歯周病は歯の周りに起こる疾患の総称で、歯肉炎、歯周炎、歯槽膿漏などが含まれます)

 

人も犬も元々口の中には多くの細菌が住み着いています。普段これらはあまり悪さをしないのですが、ブラッシングが十分でなかったり、細菌の栄養源である食べ物(主に糖類)が与えられると増殖し、ねばっとした固まりをつくります。

この固まりが良く耳にする歯垢で、細菌の固まりつまり“細菌の巣”です。そして細菌の固まりである歯垢は、歯の表面にこびりついたり、歯間や歯周ポケットに 入り込んで歯周病の原因となります。しかしまだこの段階であれば、
ブラッシングをする事で歯垢は取り除く事ができます。

歯垢を放っておくと、唾液中に含まれるカルシウムやリン酸が歯垢に付着し石灰化して固い歯石になります。
歯石自体に病原性はありませんが、歯石の表面は凹凸があり歯垢が付きやすくなるため歯周病の一因となり、放っておくことで付着した歯垢はさらに歯石になって…と悪循環に陥ってしまいます。

また犬は口腔環境がアルカリ性のため、人の5倍速く(約3~5日)で歯垢が歯石になると言われています。一度歯石になってしまうとブラッシングでは簡単に取り除くことができませんので、歯石を除去するためにはご家庭でスケーラーを使って除去したり、動物病院で麻酔を使用した歯石除去の施術を行うことになります。

歯石除去を行い、抗生物質を与えて炎症を抑えたからといって安心は禁物です。なぜなら歯石を除去した部分は溝になり歯垢がたまりやすくなるからです。よって歯石除去を行った後もきちんと歯磨きをして歯垢を落とすことが大切なのです。

※歯石除去後にしっかり歯磨きをすると、歯肉が引き締まり溝はなくなってきます。

そして歯周病は歯垢と歯石が関わり、以下の図ように進行していきます。

 

【 歯周病までの過程 】

歯周病の図

 

歯周病の症状としては、軽い炎症から次第に口臭が強くなり愛犬に顔をペロペロされるのもちょっと遠慮したい、というくらいになってしまいます。放っておくと歯肉が腫れて出血し、さらには歯を支える骨を溶かして歯は抜け落ち、ワンさんは食事も取りづらくなってしまいます。

もっと歯周病が悪化すると口腔と鼻腔を隔てている骨に穴が開いてしまったり(口鼻瘻管※)、皮膚の外側にまで穴があいてしまう(外歯瘻※)ことさえあり、もはや口の中だけの病気ではなくなってしまいます。
※口鼻瘻管とは歯周病などが原因で口腔と鼻腔を隔てている骨が破壊され、口腔と鼻腔がつながってしまう疾患です。
※外歯瘻とは歯の根の先などに膿がたまり、膿の排出路として皮膚に穴をあけてしまう疾患です。犬の場合は目の下に穴があいてしまう場合が多い様です。

 

治療法としては、動物病院で歯石や歯垢の除去、炎症を抑えるための抗生物質の投与、全身麻酔を使った抜歯が行われることが一般的ですが、こういった治療は犬にとって大きな負担となりますので、普段から歯周病の根本の原因となる歯垢をしっかり取り除いてあげることがとても重要です。

ではどうやったら歯垢を防ぐ事ができるのかですが、以下がキーポイントとなります。

●フードを見直す
●デンタルトイやデンタルガムを使う
●歯磨きをする

特に「歯磨きをする」は重要なポイントです。
ではこれらの方法について応用編として次のページから詳しくご提案します。