マラセチアは脂好き

マラセチアは脂を好む性質を持ったカビ(真菌)のため、脂漏性皮膚炎のワンさんの場合には増殖しやすく悪化しやすい傾向にあります。
脂漏性皮膚炎とは様々な要因で皮膚のターンオーバー(※)が早くなり、表皮に皮脂分が急増して起こる皮膚炎のことです。

※ターンオーバーとは表皮の新陳代謝のことで、表皮は新しい細胞が古い細胞を表面に押し上げることで維持しています。
例えばアトピー性皮膚炎の場合、皮膚を掻くことで表皮が削られ表皮の修復を図ろうとするためターンオーバーが早くなります。表皮の各層には脂分が挟まっており、ターンオーバーの際には脂分が表面へ押し出され脂漏性皮膚炎となります。

皮膚の構造

よって脂漏性皮膚炎のワンさんが、マラセチアが原因の外耳炎を発症した場合、脂漏性皮膚炎の原因とマラセチアの両方の治療が必要となります。
前述の例で言えば、脂漏性皮膚炎の原因であるアトピー性皮膚炎を抑えるためにステロイド剤や抗ヒスタミン剤を投与するという対処療法がとられたとします。しかし、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤はマラセチアには効果がなく、マラセチアには抗生物質の投与が必要となるのです。
放ってはおけない症状であると同時に、このように複数の対処療法で薬品を使わなくてはならないことも頻繁にあります。

しかしよく知られている通り、抗生物質は悪さをする菌だけでなく良い菌も殺してしまいます。
また効果が早く出るけれども、薬の使用を止めたとたんに再発してしまうということもままあります。
これは抗生物質の力に頼り過ぎてしまったため、自分の力で菌のバランスを保つことが難しくなってしまっているからです。

そのため本来のワンさんの力を引き出し、症状を改善に向かわせ再発しにくくするには、後のページでご提案させて頂く“体の外側と内側からのナチュラルケア”をお試し頂くという方法もあります。
ナチュラルケアは抗生物質を使用せずじっくり改善させていくケアのため、なかなか効果が現れず根気を必要としますが、長期的に見てワンさんの本来の力によって健康を取り戻すことが期待できます。