POINT1タイトル見出し:ベース食は脂質構成の良い食事を

ベースとなるお食事は、脂質構成の良いお食事を選ぶ事をお勧めいたします。
脂質は炎症症状に対して、体内で大きな意味を持ちます。

肉の脂は飽和脂肪酸と呼ばれ、体内で炎症を起こす物質になり、魚の油分や植物性オイルの不飽和脂肪酸、中でもオメガ3必須脂肪酸とγリノレン酸は、体内で炎症を収める物質になります。

このことから、皮膚トラブルを持つワンさんのお食事には、主タンパク源がお魚のお食事や、肉類主体のお食事の場合には脂質の少ないお食事をお勧めいたします。

アレルギーを持つワンさんにオススメのドライフード ※原材料に明らかなアレルゲンを含む場合を除く (A&Y DOGGY取り扱い商品)
グリーンフィッシュ
カリフォルニアナチュラル ハーリング&スウィートポテト
ピナクル トラウト&スウィートポテト
ワイソン アナジェン
グリーンフィッシュ
カリフォルニアチュラル
ハーリング &
スウィートポテト
ピナクル
トラウト&スウィートポテト
ワイソン
アナジェン

 

POINT2タイトル見出し:脂質構成は意図的に調整を

POINT1と同じ理由になりますが、アレルギーを持つワンさんのお食事は、総合栄養食のドライフードやプレミックスであっても、またはご家庭の手作り食であっても、バランスを少し炎症を抑える脂質に傾けることが必要となります。

そのために意図的に脂質のバランスを調整なさる事をお勧めいたします。

脂質のバランス調整にオススメのサプリメント (A&Y DOGGY取り扱い商品)
オメガニュートリジョン有機亜麻仁油
オメガニュートリジョン有機ルリジサオイル
ネイチャーズロジック ノースアトランティックサーディンオイル
オメガニュートリジョン
有機亜麻仁油
オメガニュートリジョン
有機ルリジサオイル
ネイチャーズロジック
ノースアトランティック
サーディンオイル

 

POINT3タイトル見出し:プロバイオティクスを積極的に

体の器官の中で、腸は体内で生成される抗体のほとんどを司る大事な器官です。

特に、抗体が関与するアレルギーの子の腸の機能のサポートは、意外なほど大きな意味を持ちます。
(経口免疫寛容に対しても、Th1とTh2のバランスについても、腸が大きな役割を果たしています。)

プロバイオティクスを含むサプリメント (A&Y DOGGY取り扱い商品)
BCMミラクルパパイヤ
エステリアナチュラルケフィア ヨーグルト種菌
ネイチャーズロジック オールフードフォーティフィアー
BCM
ミラクルパパイヤ
エステリア ナチュラル ケフィア
ヨーグルト種菌
ネイチャーズロジック
オールフード
フォーティフィアー