タイトル見出し:アレルギー反応が起こるまで

アレルギー反応には、Ⅰ型とⅣ型があります。
Ⅰ型とⅣ型は、アレルギー症状を引き起こすに至る工程と、関わってくる細胞、そして反応に至るまでの時間に違いがあります。
通常、Ⅰ型の後にはⅣ型の反応が見られます。

Ⅰ型

Ⅰ型のアレルギーには、B細胞免疫グロブリン(IgE抗体)マスト細胞(肥満細胞)が重要な役割を果たします。
アレルゲンが侵入すると、B細胞表面の免疫グロブリン(IgE)が受容体となりアレルゲンを吸着し、B細胞が活性化されます。その結果、B細胞からIgE抗体が放出され、放出されたIgE抗体は皮膚や気管に多い、マスト細胞(肥満細胞)に吸着して、抗原の再侵入に備えます。

抗原の再侵入があると、マスト細胞は受容体で抗原を吸着し、ヒスタミンなどを放出します。ヒスタミンは炎症や痒みを生じさせる物質で、ヒスタミンによりアレルギー反応が起こります。

Ⅰ型アレルギー反応(皮膚炎、呼吸器症状(くしゃみなど)、消化症状(下痢・嘔吐など))の起こりかたの図

 

IV型

IV型のアレルギー反応は、抗原提示細胞T細胞が重要な役割を果たします。抗原が侵入すると、マクロファージ(大食細胞)などの抗原提示細胞が、抗原を食作用によって処理します。抗原提示細胞は食作用によって得られた抗原の情報を、T細胞に伝えます。情報を受け取ったT細胞は、活性化されキラーT細胞(※)となり、抗原の再侵入に備えます。

抗原の再侵入があると、キラー細胞は抗原を自ら攻撃し無力化します。抗原の再侵入の際に、感作されたT細胞が増殖したり、遊走することによって炎症などのアレルギー反応が起こります。

※ キラーT細胞: 活性する以前のT細胞をヘルパーT細胞、活性後をキラーT細胞といいます。

IV型のアレルギー反応(皮膚炎、呼吸器症状(くしゃみなど)、消化症状(下痢・嘔吐など))の起こり方の図

 

I 型とIV型の相違

Ⅰ型もIV型もリンパ球が関わります。
リンパ球は骨髄で作られ、そのままのものがB細胞、胸腺で『自己』と『非自己』の情報をインプットされているものをT細胞と呼びます。

Ⅰ型とⅣ型は、IgEが関与するかしないかという点、 自身が『非自己』に対して攻撃を行うかどうかという点で異なりますが、最も大きな違いは反応が起こるまでの速度です。
Ⅰ型が、15~20分という素早い反応なのに対して、Ⅳ型は24~48時間と反応が起こるまでの速度が遅いです。その為、Ⅰ型を即時型、Ⅳ型を遅延型と呼ぶこともあります。